FC2ブログ
だらだら絵日記。気が向いたことをのだのだ書いてます。たまに腐った発言をするのでご注意下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by カモメ
 
[スポンサー広告
べー
カキ氷

「アスランさん、舌べ~って出してみて下さい」
「?こうか?」
「あ、やっぱ真っ青」
「シンはどうなんだ?ちょっと見せてくれ」

「シンは真っ赤だな」
「あんたのブルーハワイ食べたら舌紫色になるかなぁ」
「交換して試してみるか」


夏のロスタイムシンアス。
カキ氷はどぎつい色の方が楽しい不思議。


拍手、コメントありがとうございます。
続きにお返事です。

久我山さん
こんにちは~、9月になりましたね。
秋になるかと思うと何となく名残惜しいような気がします。
シンは季節ごとの風物詩はおさえていそうな気がしますね。
アスランは季節を楽しむ様な感じではなさそうですし、イベントごとには興味がなさそうなので、
シンにあれこれ連れ出されたり教えてもらったりして色んな楽しみを
見つけていってくれるといいですよね~!道連れ道連れ!

前回の絵は夏っぽくしたいな~、色も派手目に、と思って描いたので褒めていただけて嬉しいです。
シンはやんちゃで少年らしいところがあるのが可愛いですよね。

何の憂いもなかった子ども時代…月から移住してからは憂いの多い人生でしたね、アスランは。
その憂いのない子ども時代を共有する唯一の相手、そうですよね、特別ですよねぇ。
アスランはキラを兄弟のように思っているとありましたが、
アスランにとってのキラはそれだけでなく、ある種一つの世界なのかも知れません。

シンに撃墜されてからのアスランの心はひたすらにシンに向かっていましたよね。
大怪我を押してまで出撃したり、その他諸々シン、シンと呼びかけ、
シンのことを考えていた姿がとても印象に残っています。
戦後楽しい思い出(や楽しくない思い出も含めたもの)を共有できる相手がシンであるといいなぁと思います。
まぁ、そういう風に思うからシンアスなんですよね(笑)

シンの怒りが反動である、というのは自分では考えた事がなかった視点で面白かったです。
確かにシンは情が深い子なので、その対象に裏切られたり、対象が失われた場合に
それに対する反動も大きいような気がします。

シンはシンで放っておくと身を滅ぼすというのは完全に同意します。
危なっかしいですよね、シンもシンで。自分で加減できない子だな~。
種運命でのシンとアスランは呪われてますよね!噛み合わず裏目裏目で。

エスプレッソマシンでコーヒーを淹れながらふと自分の人生を考えるシン、それ素敵ですね!
第三者から見れば下らない、ほんの些細な考えから人生を変える決断に至るところに
こっそり確実にアスランという存在がシンの中にあるのが幸せです。

お泊りシンアス、シン君大人ですねぇ。
確かに本編のような緊急事態でなければ相手がしたいようにさせてあげるくらいの度量がありそうです。
アスランも身内びいき相当ですが、シンもシンで自分の内側認定したものはすごく大事にする感じです。
お兄ちゃんだなぁ。

和服のシンの絵を使っていただけるなんて光栄です。こちらこそありがとうございます~!
ああ、お喋り楽しいです!ありがとうございました。




スポンサーサイト
Posted by カモメ
comment:0   trackback:0
[
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kamomemomesan.blog61.fc2.com/tb.php/296-6ced91a1
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。