だらだら絵日記。気が向いたことをのだのだ書いてます。たまに腐った発言をするのでご注意下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by カモメ
 
[スポンサー広告
ひらひら
レース2

アスランに貴族服を着せる前に一旦自分の欲望を解放してみました。
何かこう、布地がびらびら~っとなっているのが好きです。

アスランやシンに貴族服着せてみたいけれど、
シンは庶民階級の服の方が似合いそうな気がします。
レースびらびらより、皮や木綿、麻のごわごわした感じのが合ってそう。

フランス革命とかだったら革命勢力の方というか。

「あんたらはまだ弱者から奪おうとするのか!!」

みたいな感じで。


拍手やコメントありがとうございます!続きにお返事です。

久我山さん

そうですよね~、シンは良い子だから結局杉の精の恩返しまで面倒を見てしまいそうな気がします。
シンが歯軋りをしながら蘇生させたりすると、恩がまた重なるので帰れない杉の精。
シンアススパイラルでどんどん好きになるので、帰らなくていいのが嬉しいアスラン。
シンもだんだん絆されて、と何だかんだでずっと幸せです(笑)

アスランの良い所…
「顔が良い」「強い」「気を許した相手には情が深い」
というと、「生きることに対する不器用さ」ですかね~。
久我山さんと同じような感じです。
安穏と隠居したり、逃げることも選べるのに、
自分にできる事を模索して困難にぶつかってあがいているところも好きですね。
アレ、良い所かな…?

「アウトプットがヘタで空回り」あんなに想っているのに、
シンのことを考えている、心を痛めている、心配しているという
事実を伝える能力の下手さにはやきもきしますよね。
シンとアスランのそういう相性が他より悪かった、時期が悪かったというのもありますが。
しかし、久我山さんがおっしゃるように、そういう意思疎通の困難さや相性の悪さゆえに、
シンがアスランの本質に触れたときのインパクトは大きかったのかな、と思います。
種シリーズについて今まであんまり語ったことがなかったので、
私も楽しくてついつい語ってしまいます。
いつもお付き合い下さりありがとうございます~^^
スポンサーサイト
Posted by カモメ
comment:0   trackback:0
[絵日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kamomemomesan.blog61.fc2.com/tb.php/268-091bb3b6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。