FC2ブログ
だらだら絵日記。気が向いたことをのだのだ書いてます。たまに腐った発言をするのでご注意下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by カモメ
 
[スポンサー広告
シンの逆襲
花粉

形勢逆転させてみました。

悲しいのはパラレルでなかったら物理的にシンはアスランには敵わないというところですね。


パラレルあらすじ

花粉症のシンはスギの木を全部切り倒してやることを夢見る少年であった。
いつものように杉林近くの小道を忌々しく思いながら通行していると、
なにやら挙動不審な男が杉の木の根元でごそごそしているのが目に入った。
よく見ると何故か杉の木に火をつけようとしているようだ。

山火事になるではないかと男を捕まえ放火を阻止するシン。

杉林を救ってくれたお礼に恩返しにやってくる杉の精アスラン。

アスランは恩を返すまでシンから離れるつもりはないが、
アスランのおかげでくしゃみ鼻水、頭痛などのアレルギー症状に苦しめられるシン。

二人の愛の行方やいかに。



などということはありませんが、

「アンタなんかこうだ!くらえ!」

という感じです。



続きにお返事です



久我山さん
ありがとうございます~!かっこいいアスランを目指して描いたので、
かっこいいと言っていただけると凄く嬉しいです。
すっとぼけたアスランの戦闘における強さは萌えますよね!
シンはアスランに「絶対敵わないのにそれでも向かってくる」のがシンらしいですねぇ。
本番に強い男というのは本編でも言われていましたが、簡単に諦めないところ、
必死にくらいついていくところがシンの良いところだなぁと思います。
シンアスを語ろうと思うと何でかシンを褒めてしまいます(笑)
全力でやりあうとかアスラン好きそうですよね!
大体シンに関しては好意でフィルターかかってそうですが。

捕食獣の顔のアスランに息を詰めつつうっかり見惚れたところで、
戦闘終了の合図にふ、と息をついてちょっと笑いかけられたりなんかしたら、
落差にもっとグッとくるかもしれません。
ギャップとつり橋効果。

そして、勝手に押し付けた絵ですが、喜んで頂けて幸いです~。
もう久我山さんのコメントは、果てしなくシンアス心がくすぐられます。
「善意で近づけば近づくほどシンを刺激」に激しく同意した結果上の絵になっていたり。

私は文章が書けないので、文を描く方の言葉選びのセンスに痺れます。
久我山さんのお陰で楽しいシンアスライフ送ってます。ありがとうございます!


スポンサーサイト
Posted by カモメ
comment:0   trackback:0
[
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kamomemomesan.blog61.fc2.com/tb.php/265-6a8e4191
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。